悟空「仕事行ってくる」

著者:2chSSまとめ

カテゴリ:ドラゴンボール

中編作品 (4211字)

閲覧数:91 いいね:0

作品タグ: SS

チチ「今日も頑張ってくるだよ」

悟空「ああ、行ってくるぞ」 ブシューン

悟飯「お父さん今日で3カ月目ですか・・・」

チチ「ああ、やっと長続きできる仕事が見つかったべ」

チチ「月に100万ゼニーも貰える会社なんて、なかなかねぇからな! 」

悟飯「しかし・・・・内容は少しの外出と電話対応って言ってたけど・・・・怪しいなぁ」


職場

悟空「おはようございます!」

ヤムチャ「おお、今日も来てくれたか。」

悟空「ベジータは?」

ヤムチャ「今日も遅刻のようだが・・・っと、噂をすれば」

ベジータ「遅くなった。」

ヤムチャ「ベジータ、今日も重役出勤か?」

ベジータ「なに?」

ヤムチャ「おいおい、立場ってものをわきまえてくれよ。何か言うことは?」

ベジータ「す・・・す・・・すみませんでした。今度からは気をつけます・・・」

ヤムチャ「よろしい。じゃぁ、今日の仕事を与える。」

ヤムチャ「悟空は・・・・今日はこのリストに乗ってるのを攻めてくれ。」

悟空「分かった」

ヤムチャ「ベジータは・・・このリストだが、いかんせん成績が悪いからな。まぁ、1つでも金にしてくれればいいか」

ヤムチャ「返事は?」

ベジータ「わ・・・分かりました。頑張ります。」

prrrrrrr

婆「もしもし?」

悟空「オラだ! オラオラ!」

婆「どちら様ですか?」

悟空「だからオラだよ! オラ!」

婆「もしかして・・・・孫のたかしけ?」

悟空「そうだ! そのたかしっちゅうもんだ!」

婆「急に電話してどうしたんだい?」

悟空「実はさぁ、エアカー運転していて人を跳ねちゃったんだよ」

婆「そ、それは大変じゃないかお前!」

悟空「それでよ、示談金が必要なんだけど、額が大きくて、ばあさんしか頼る人とが居なくてよ!」

婆「示談金って・・・・・・どのぐらい必要なんだい?」

悟空「今日中に1000万ゼニーがどうしても必要なんだ!」

婆「そんな大金・・・・」

悟空「今日中に用意しないと、オラ刑務所に送られちまうんだよ」

婆「・・・・分かった。ばあちゃんに任せな。」

悟空「ほんとけ?」

婆「お金はどうすりゃえんじゃ?」

悟空「ばあちゃんの家の近くに銀行があったろ?」

悟空「そこに山吹色の服を着た、オラの弁護士をしてくれている。孫って人に渡してほしいんだ。」

婆「その人に渡せばいんじゃな?」

悟空「ああ、昼の1時頃に行くと思うから、頼んだぞ!」ガチャ

ヤムチャ「どうだった?」

悟空「餌に食いついた。銀行に行ってくる。」

ヤムチャ「一応用心してくれよ!」

悟空「分かった。」

ヤムチャ「ベジータは?」

ベジータ「まだ、一件も・・・・」

ヤムチャ「おいおい、今日もボウズか? 全く」

ヤムチャ「同じサイヤ人でもこうも違ってくるとはな」

ベジータ「く・・・・」

ヤムチャ「仕方ない。またアレの営業に行ってもらうか。プーアル!」

プーアル「はい、ヤムチャ様」

ヤムチャ「仙豆はどうだ?」

プーアル「10粒ほど出来てるみたいです。」

ヤムチャ「ダミーの豆は大量にあるな。よし、この前の手順通り」

ヤムチャ「最初に本物を食わせて、あとはダミーを大量に売ってこい」

ベジータ「分かりました。」

ヤムチャ「全く、簡単な仕事しかできないんだから」


銀行

行員「おばあちゃん、こんなに大金どうするんだい?」

婆「孫がね、人をエアカーで跳ねて、示談金が必要みたいなんですよ」

行員「それって・・・・詐欺では?」

婆「馬鹿いうでねぇ! 孫から直接電話があったんだから!」

行員「そ、そうですか」

婆「もうすぐ待ち合わせの時間だ。早く出してくれ!」

行員「分かりました」

行員「一応、警察には連絡しとくか・・・・・」

婆「確か・・・・山吹色の服を着てるって言ってたね。」


2時間後

悟空「さてと・・・・お、写真で見たあのばっちゃんだな!」

悟空「こっちから声かけるとまずいから、待つとするか」

婆「ん・・・・山吹色の服の人・・・・あの人か!」

警察A「おばあさんが動き出した! 目を離すな!」

警察B「了解!」

婆「ひょっとして・・・・・あんたが弁護士の孫さんけ?」

悟空「おお、オラが弁護士ちゅうもんの孫だ!」

婆「よかった。これ・・・・息子に頼まれた1000万ゼニーだ。」

悟空「おお、確かに預かったぞ!」

婆「これで・・・たかしは大丈夫なんだろ?」

悟空「ああ、オラに任せといてくれ!」

婆「よかった!」

悟空「また本人から連絡あると思うぞ!」

警察A「ちょっとすみません。」

悟空「なんだ、おめぇら?」

警察B「警察ですが・・・・ちょっとお話よろしいですか?」

悟空「オラ忙しいんだ・・・・じゃぁな!!」シュンッ

警察A「き、消えた・・・・・・」

悟空「ただいま!」シュン

ヤムチャ「どうだった?」

悟空「無事お金は受け取ったぞ!」

ヤムチャ「でかした。しかし、瞬間移動で帰って来たということは・・・」

悟空「ああ、マークされてたみたいだな。」

ヤムチャ「やはりな。あの地域はちょっと絞りすぎたか。」

ヤムチャ「明日からは、別の地域にするか。」


住宅街