神楽「銀ちゃん…くすぐったいアル…」

著者:2chSSまとめ

カテゴリ:銀魂

中編作品 (3039字)

閲覧数:73 いいね:0

作品タグ: SS

神楽「そんなこと言ったって、1人でやるのは何か怖いアル」

銀時「ったく、こんなことにビビってんじゃねーよ、ガキが」

神楽「ガキガキ言うなぁ! 私だって毎日成長してるアル!」

銀時「あーっ! こら、動くな! 奥まで入れられねーだろーが!」

新八(えっ!? 何!? 何これ!? どうなってんの!?)

新八(ヤっちゃってんの!? あの二人が!? ええっ!?)

神楽「あ……銀ちゃん、そこ……気持ちいいアル」

銀時「おー、そうかいそうかい。そんじゃまー、しばらくじっとしてろ。もうちょい奥にだな、スゲーのがあるから」

神楽「マジあるか!? 私の中にスゲーのがあるアルか!?」

銀時「ああ、にしてもお前随分溜まってたんだなー」

新八(えええええええええええー!?)

新八(ちょっ、まずいでしょ銀さん!? 年齢的に!)

新八(ちょっ……どうすんの!? どうすりゃいいのこれ!?)

銀時「……くそっ、うまく動かせねーな……」

神楽「難しいアルか? 銀ちゃん」

銀時「お前やっぱガキだからよー、ここの穴も大人より小せーからなー……」

神楽「あー! またガキって言ったアルな!?」

銀時「だからじっとしてろってーの!」

新八(うわああああああああああああああああああ!!)

新八(この扉の向こうで! この扉の向こうで!)

新八(何かすごいことになってるうううううう!?)

銀時「……ダメだ、一回別の使おう」

神楽「別の?」

銀時「おうよ、こいつ(耳かき)よりもすげー道具があるんだ」

新八(道具ぅぅぅうううう!? 銀さんアンタ何使ってんのぉぉぉおお!!)

新八(いや、下半身の方使うのはもっとまずいけど、ちょっとぉぉぉぉおおお!)

銀時「ほれ、こいつだ(ピンセット)」

神楽「おお、何かさっきより凄そうアル!」

銀時「まあ見てな。こいつさえあればすぐに行けるからよ」

新八(ちょっとぉぉぉおおお! 何!? 何を繰り出したんだアンタはぁぁぁあああ!!)

銀時「こーして奥のをだな……」

神楽「な、何かさっきと感覚が違うから、またさっきとは別の恐怖が来るアル……」

銀時「あー、痛かったら言えよ? (耳の)毛とか引っ張っちまうかもしれねーから」

新八(毛ぇぇぇえええええ!? 神楽ちゃん生えてんのぉぉおおお!?)

新八(ってか、引っ張っちまうかもしれねーって、ちょっとアンタ、どんなプレイしてんだよぉおおおお!?)

銀時「……っと」

神楽「っぉ……なんとか行けたアルか?」

銀時「おう。バッチリだ。つーかおい、ちょっとこれ見ろ」

神楽「おお! 滅茶苦茶でっかいアル!」

新八(軽いノリでイかせて、軽いノリで膨張した下半身見せてんじゃねーよ!)

神楽「新八もこんぐらいの出てくるアルか!?」

銀時「いやー、あいつはそんなでもねーんじゃねーかな」

新八(おいてめぇええええええええええええええ!!)

神楽「何でそんなこと言えるアルか?」

銀時「いやー、俺の予想だとな、多分あいつ、月に1回……ヘタすりゃ週1ぐらいで自分でしてるだろうからなぁ(耳掃除を)」

新八(え!? 何!? どういうこと!?)

新八(自分ですると大きくならねーの!? そうなの!? そんな裏情報初めて聞いたんだけど!?)

神楽「あー、なんかそんなイメージが浮かぶアル」

銀時「顔からそんなイメージ湧くだろ?(まめに耳掃除しそうなイメージが)」

新八(おいいいいいいいい!)

新八(アンタらの僕のイメージって何なんだよぉおおおおおおおお!?)

神楽「あ! 銀ちゃん!」

銀時「ん? あんだよ」

神楽「もう一方の穴もして欲しいアル!」

新八(どこでそっちも使えるって知識を覚えたぁぁぁあああああああ!?)

銀時「ったく、しゃーねーな……よっこいせっと……うわっ、汚っ」

神楽「ちょっと銀ちゃん! 女の子の体にそのリアクションはどうかと思うアルよ!」

銀時「っつってもよー、これお前もーちょい自分でどーにかしろよ……指でほじるとか」

新八(いやいやいやいや! 何言ってんだアンタはぁぁああああああああああああ!)

銀時「うーわ、こりゃすげーな。ボロボロ出てくるぞ。(耳)クソが」

新八(やめてぇえええええええええ! 普段そこで生活してんじゃん!)

新八(そんなところでスカト○プレイとかやめてぇええええええええええ!)

神楽「んっ……くぁっ……」

神楽「……はふー……気持ちいいアル……」

銀時「よーし! スッキリしたんじゃねーか?」

神楽「うん! 銀ちゃんのおかげで気分爽快アル!」

新八(神楽ちゃんイった直後の回復はぇえええええええええええええ!?)

銀時「さーて、そんじゃ出たゴミは片付けてと……」

神楽「あ! 銀ちゃん! 私も銀ちゃんにしてみたいアル!」

銀時「ああ? 俺はいいよ別に……」

新八(いやいやいや何で!? 何でここで引いてんだ!?)

新八(今更すぎるだろ! アンタ散々ヤってただろ!)

銀時「つか、オメーにこんなことされたら命の危険が伴う気がするんだが……」

新八(えええええええええ!? どんだけ危険なプレイしてたんだよ!?)

神楽「大丈夫アル! 銀ちゃんのマネすればいいだけネ!」

銀時「つーか、お前にされるぐらいだったら、もっとキレーなお姉さんにしてもらった方がいいっつーの」

新八(最低だ! この人最低だ! 散々少女の体弄んでその言い方は最低だ!)

神楽「でも、私一人でできるようになるには、やっぱり人のに慣れておくのも必要だと思うアル!」

銀時「いや、多分全然感覚ちげーと思うぞ」

銀時「ま、どーしてもやりたいってんなら、そーだな……」

銀時「……よし、新八とやれ」

新八(はぁぁぁぁああああああああああああああ!?)

神楽「新八なら命の危険は伴わないアルか?」

銀時「ああ。意外とあいつは頑丈だ」

銀時「テメーが穴に(耳かきを)突っ込んだぐれーじゃ死なねえだろ。多分」

新八(いや、僕が入れられる方かよ!)

新八(つーか、何を入れるつもりだよ!)

神楽「そうと決まれば、早速新八を連れてくるアル!」

 ガラッ

新八「うわぁ!?」

神楽「あ、丁度来たところみたいネ!」

銀時「そーかそーか、じゃあ丁度良かった」

新八「ちょっ……ま、待ってぇぇぇぇぇええええええええ!!」

銀時「おい、何ビビってんだよ、耳かきぐれーで」

新八「いや、だって、耳か――耳かきかよぉおおおおおおおおおおおおおおお!!!」

新八「紛らわしいわ! 何でそんな紛らわしいんだアンタらの会話は!」

神楽「銀ちゃん、何でこのダメガネ、キレてるアルか?」

銀時「アレだろ。カルシウム足りてねーんだろ。最近の若者にありがちな」

新八「っせーよ! こちとら警察呼ぶべきか否か真剣に悩んでたんだよ!」

銀時「はぁ? 何言ってんだオメー?」